HOME > 専門治療のご案内 > 過敏性腸症候群について

過敏性腸症候群について

過敏性腸症候群 緊張すると、お腹の様子がおかしくなる・・・

過敏性腸症候群とは

IBS(Irritable Bowel Syndrome)検査

ストレスを主な原因として腹痛や便通異常を起こす病気です。過敏性腸症候群は「IBS(Irritable Bowel Syndrome)」とも呼ばれます。

大腸に腫瘍などの病気がないにも関わらず、お腹の不調が数ヵ月以上続きます。命に関わる病気ではありませんが、腹痛や便通異常などの症状により日常生活に支障が生じることもあります。

こんな症状はありませんか?

  • 便秘や下痢が数ヵ月以上続いている。
  • 1日に何度も便意をもよおしてしまう。
  • 便秘と下痢を繰り返している。
  • お腹が張っている感じがある。
  • ガスが溜まっている感じがある。
  • 腹痛を伴うが排便によってやわらぐ。
おなかの症状
  • 腹痛
  • 下痢、便秘
  • おなかが張る感じ
  • おなかがなにか気持ち悪い
  • ガス状、おなかがゴロゴロ鳴る
  • 残便感
その他の症状
  • 精神症状
    不眠、不安感、抑うつなど
  • 全身性症状
    頭痛、頭重感、疲れやすい、
    めまい感、背部痛、肩こりなど
  • 消化器症状
    嘔気、嘔吐、食欲不振など

通勤通学の電車の中や近くにトイレが無いとき、緊張・ストレスを感じる場面で症状を強く感じる・・・。症状が出ることで不安・ストレスになり、さらに悪化させてしまう・・・。

心当たりのある方は、ぜひあすなろクリニックへご相談ください。

過敏性腸症候群のメカニズム

ストレスで起こると言われている過敏性腸症候群ですが、なぜ胃腸に症状が来てしまうのでしょうか?

腸は「第二の脳」と言われるように、腸と脳には密接な関係があります。腸と脳は神経によって繋がっておりますので、脳が不安やストレスを感じると、その信号が腸に伝わって腸の運動に影響を与えることがわかっています。

また、ストレスは本人が自覚しているもの以外でも感じとり、腸に影響を与えます。

過敏性腸症候群(IBS)の場合
過敏性腸症候群(IBS) 脳からの反応 イラスト

※セロトニンとは神経伝達物質の一つとして精神状態などに大きく関わっている物質で、「幸せホルモン」とも呼ばれています。

セロトニンの90パーセントは腸に存在していますが、過敏性腸症候群の方はストレスを感じた際に腸のセロトニンが分泌されやすくなるということが指摘されています。

過敏性腸症候群の治療について

薬を渡す 看護師写真
過敏性腸症候群の中でも症状に応じて治療をさせていただき、必要に応じて薬を処方します。 また、根本的な治療として『ストレス』を取り除くことから治療していくこともあります。

あすなろクリニックではストレスと胃腸に関わる病気の治療に積極的に取り組んでおります。お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

PageTop