HOME > 専門治療のご案内 > 咳喘息について

咳喘息について

咳喘息について 風邪は治ったのに、しつこく続く咳。もしかしたら咳喘息かもしれません

咳喘息とは?

風邪ではないのに慢性的に咳だけが続く病気です。

風邪、アレルギー、タバコ、過労、ストレスなど多くの原因により引き起こされ、2~3週間以上続きます。再発を繰り返すこともあるため適切な治療をおすすめします。

こんな症状はありませんか?

  • 風邪が治っても3週間以上咳が続いている。
  • 起きるときや寝るときに咳が止まらなくなる。
  • 痰がほとんど出ず、唾液のような痰が少し出るだけ。
  • 冷たい空気やタバコの煙を吸うと咳が止まらなくなる。
  • 「ヒューヒュー」「ゼーゼー」という音はしない。
  • もともと風邪をひきやすい、もしくはアレルギー体質。
  • 乾いた咳が続いて息苦しい。

咳喘息喘息は違うものですが、
放っておくと気管支喘息に移行してしまいます。

早期に受診し、処方された薬をきちんと飲みましょう。

咳喘息の治療について

咳喘息は、近くの方に感染する病気ではありません。あすなろクリニックでは、以下のような治療法があります。かぜ薬や抗生物質・咳止めを用いても治らない方は一度ご相談ください。

吸入ステロイド剤(副賢皮質ホルモン) 気管支拡張薬 抗アレルギー薬

約1週間でかなり改善される事が多いですが、服用をやめた途端にぶり返す方もいますので、2~3週間は継続して服用して頂くようお願いしております。

風邪症候群後の咳・アトピー咳漱・
逆流性食道炎・副鼻腔気管支症候群・
後鼻漏・薬剤性咳漱・COPDなど、
症状にあわせた治療を受けることが大切です。

「もしかして咳喘息かな?」と思ったら、あすなろクリニックへご相談ください。

PageTop