HOME > 内視鏡診断症例 > 潰瘍性大腸炎の内視鏡症例(62歳男性 F様)

内視鏡診断症例

一覧に戻る

潰瘍性大腸炎の内視鏡症例(62歳男性 F様)

症例の画像を見る
下記をクリックにて拡大表示されます

62歳男性です。

便潜血検査が2回とも陽性であり、最近下痢が頻繁のため来院されています。

 

大腸内視鏡検査で下行結腸にほぼ全周性の集簇する結節性病変があります。(治療前)

肉眼的には腺腫もしくは早期大腸癌を疑いましたが、病理学的に潰瘍性大腸炎と診断されました。

ペンタサの投与で下痢もなくなり、肉眼的に病変もなくなっています。(治療後)

一覧に戻る

PageTop