HOME > 内視鏡診断症例 > 横行結腸癌診断症例(49歳女性 T様)

内視鏡診断症例

一覧に戻る

横行結腸癌診断症例(49歳女性 T様)

症例の画像を見る
下記をクリックにて拡大表示されます

49歳の女性です。

1年前から下痢と黒色便が続いたため来院しています。半年で体重が5キロ減っています。

 

病歴から大腸癌、特に上行結腸から横行結腸の進行癌を疑わせました。

大腸内視鏡検査を行い、横行結腸に狭窄寸前の全周性腫瘍がありました。

顕微鏡でも癌細胞を認め、手術となっています。

 

 

大腸癌は便秘が主な症状と思われていますが、大腸の右側(上行結腸、横行結腸)では大腸での水分吸収が進んでいないため、症状は下痢と黒色便となることがこの症例でもわかります。

一覧に戻る

PageTop