HOME > 内視鏡診断症例 > 直腸を閉塞する全周性の癌(74歳男性 U様)

内視鏡診断症例

一覧に戻る

直腸を閉塞する全周性の癌(74歳男性 U様)

症例の画像を見る
下記をクリックにて拡大表示されます

74歳の男性です。

3週間前より排便が細くなり、便秘気味になっていました。

 

腹部膨満、下腹部痛、血便もみられたため来院されています。

病歴から大腸癌、特にS状結腸、直腸などの左側結腸癌による閉塞性大腸炎を強く疑いました。緊急で大腸内視鏡検査を行いました。

 

S状結腸から直腸にかけて全周性の腫瘍があり、それより口側の観察ができないほど狭窄していました。

閉塞性大腸炎による敗血症を起こしそうでしたので、緊急入院してもらい、後日手術を行いました。

 

 

これほどの進行癌になるまで自覚症状がなかったので、緊急入院、緊急手術をしなくてもよいように、50歳以上の方は少なくとも便潜血検査を大腸癌スクリーニング検査として毎年受けたほうがよいですね。

一覧に戻る

PageTop