湿潤治療

湿潤療法とは?

“早くて、痛くなくて、痕が残らない”
傷・ヤケドの新しい治療法です

あすなろクリニックでは、怪我やヤケドに対して痛みの少ない湿潤療法を積極的に取り入れております。傷の治りも早く、医療現場のみならず一般家庭にも普及し始め注目されているシンプルで新しい療法です。

従来の治療法は、消毒した傷口をガーゼで覆いかぶせて乾燥させる治療法でした。
乾燥してかさぶたになり、かさぶたが剥がれたら治療終了。
傷痕が残るのも当たり前でした。

しかし、湿潤療法は従来とは逆の方法になります。

  • 従来の治療法
    消毒しないと化膿する
    乾燥させてかさぶたを作る
    かさぶたができるのは
    傷が治りかけている証拠
  • 比較矢印
  • 湿潤療法
    水道水でよく洗い流し、
    消毒はしない
    ワセリン(固形脂)を塗った
    食品用ラップで包んで
    乾燥させない

とてもシンプルな湿潤療法は、体が本来持っている
「自己治癒能力」を最大限に生かした最善の治療法と言えます。

●傷の自己治癒能力とは?

怪我をすると、傷口がジクジクになることがあります。今までは、それを「化膿した」と言っていましたが、実はそのジクジクが傷を治すために必要不可欠な、修復機能のある浸出液だと分かりました。

傷を治すためには様々な細胞が働きます。傷を早く治すためには、それらの細胞が最善の環境で活動することが必要です。浸出液には、それら細胞の働きを促す細胞成長因子が豊富に含まれております。

湿潤療法とは、そういった細胞の働きを活発にさせ、しっかりと傷口を潤すことで本来の自己治癒能力を最大限に生かすということ。従来よりも早い時間で、傷の痕も自然な状態に治ります。

湿潤療法の治療

湿潤療法では傷の部分を覆う乾燥したガーゼの代わりに、乾燥させないためにワセリンを塗ったラップ・創傷被覆材で覆います。それにより傷口は治癒能力を持った潤いのある細胞で満たされ、乾燥も防ぐことが出来ます。

湿潤療法の治療写真

湿潤療法の参考症例&外部リンクについて

下記は、実際に湿潤療法で治療された患者様の治療例です。大やけどを負った小さいお子様でも痛みが少なく、傷跡もなく治療できます。
※実際の症例写真になりますので、傷や出血に弱い方・苦手な方は
“実際の症例写真”は閲覧しないようお願いいたします。

新しい創傷治療 湿潤療法

腕に、広範囲にやけどを負った赤ちゃんでも
湿潤療法は効果的です。
消毒はせずに汚れを水で洗い流します。

実際の症例写真

下矢印

ラップ・創傷被覆材で巻きます。そうすることで空気が通りませんので、傷口が乾燥しません。空気との接触による痛みもなく、かさぶたも出来ません。
ガーゼに貼りつくことも無いので、剥がす際の痛みや再出血もありません。

実際の症例写真

下矢印

湿潤療法2週間で新しい皮膚もつくられ、
治療完了しました。

実際の症例写真

あすなろクリニックでは怪我やヤケド痕が残らない湿潤療法を取り入れています。細菌の感染・繁殖を防ぐためにも早めの受診をおすすめします。

PageTop