HOME > 専門治療のご案内 > 無痛内視鏡を導入しました。

専門治療のご案内

一覧に戻る

無痛内視鏡を導入しました。

無痛内視鏡とは胃カメラで嘔吐反射が強く、苦痛を感じる方や、

大腸カメラで痛みに弱い方のために

麻酔を使って眠っているうちに行う検査のことです。

 

 

 

 

この検査ではプロポフォールという鎮静薬を静脈注射します。

この薬は極めて早く効き、点滴を始めるとすぐに眠ってしまい、

点滴をやめるとすぐに目が覚めます。

微量注入器JMS シリンジポンプSP-505を使って

精密に点滴しますので、誤って大量投与する危険はまったくありません。

 

 

        

 

                          <微量注入器JMS シリンジポンプSP-505>

 

 

微量注入器JMS シリンジポンプSP-505の詳細情報はコチラ

 

 

呼吸も血中酸素飽和度をモニターで監視しながら行います。

消化器内視鏡ガイドラインにも推奨されている、極めて安全性の高い鎮静方法です。

 

当院では毎月第一水曜日午前9時から12時30分の間に、無痛内視鏡による検査を行っております。

 

PageTop